子供に対するセキュリティ対策システム

子供に対するセキュリティ対策システム

情報の得方として出版や映像があります。これらは一定の場所で購入する必要があります。販売者の判断もありますが、それによって販売して問題ないかの確認が可能になります。タバコの購入に専用のカードや年齢が確認できる書類を提出させるのと同様に年齢確認することもできます。今情報を得ようとすると出版物などよりもインターネット上からのことがあります。映像ソフトだけでなく、自然にインターネットサイトに情報が掲載されていることがあります。

インターネットで掲載できる情報はある程度の制限はされています。しかしすべてのチェックが行えるわけではありません。問題になっているのは子供が年齢に適さないサイトを見ることです。たまたま検索サイトでよくないサイトに行くこともあります。子供によっては友人などからよくないサイトを聞いて閲覧することもあるようです。

親としては子供によくないサイトは子供の目にしないようにする必要があります。セキュリティ対策システムではそれに対応した機能があります。設定をしておくとそういったサイトにいけなくなります。サイト上に所定の文字や言葉が入っているときにチェックがかかる場合、予めよくないサイトが登録されていてそちらへのアクセスができない場合などがあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2016子供に対するセキュリティ対策システム.All rights reserved.